イルミネーションが描く世界

●令和3年12月25日(土)夕方、安城市が誇るテーマパーク「デンパーク」にカメラを持参して訪れた。昨日のイブは雨だったので、今日はさぞ混むだろうと思っていたが、それほどでもなかった。

●かつて、デンパークで知り合った人に、シャッタースピードをコントロールすることでイルミネーションの幻想的な世界を描くことができることを教えてもらった。カメラのファインダーから見える世界は無限である。

 

●「人は目で見えるものしか見ていない」のはあたり前のことなのだが、目に見えることだけが存在しているわけではない。目には見えないけれども存在していることがある。

●金子みすゞの詩「星とタンポポ」を思い出す。

青いお空の 底ふかく

海の小石の そのように

夜がくるまで 沈んでる、

昼のお星は 目に見えぬ

  見えぬけれども あるんだよ、

  見えぬものでも あるんだよ。

散ってすがれた たんぽぽんの

かわらのすきに だァまって、

春がくるまで かくれてる

つよい その根は 目にみえぬ。

  見えぬけれども あるんだよ、

  見えないものでも あるんだよ。

●このクリスマスが終わると年の瀬がさらに近づく。

(村瀬)