本校同窓会が能登半島輪島地域へ物資等を支援しました

令和6年能登半島地震で被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。そして、ご家族や大切な方々を亡くされた皆さまへ、謹んでお悔やみを申し上げます。 本校が立地する愛知県も、南海トラフ地震が時間の問題と言われており、決して他人事の話ではありません。また、今回甚大な被害に遭われた地域の一つである輪島市とは、本校と40年以上に渡るご縁があり(後述)、こちらも他人事ではありません。 そこで本校同窓会が中心となって、能登半島で被災した輪島地域へ物資等を支援することになりました。本校生徒会もそれを受けて、校内で募金活動を実施することになり、さらに教職員用の備蓄非常食を支援物資の中に入れていただくことにもなりました。 そして同窓会のみなさんによって集められた多くの支援物資を載せた4トントラックが、1月22日(月)16時過ぎに輪島市へ向けて出発しました。 この様子は、1月24日(水)の中日新聞西三河版に載る予定です(予定が変更になる場合があります)。また、西三河のケーブルテレビ「キャッチ」でも1月23日(火)から6回報道される予定です(放送日は下記写真に記載)。 追記;1月26日(金)の中日新聞西三河版に掲載されました。                                                                                       本校と輪島市にご縁ができたきっかけは、1982年~1991年まで本校の修学旅行が輪島市を訪れていたことに遡ります。当時、後継者不足により荒れ果てていた輪島市白米(しろよね)千枚田は、この地を修学旅行先に選定した安城東高校が草刈奉仕活動を10年間続けたことによって、輪島市でこの景勝地を保全しようという機運が高まり、全国からボランティアが集まるようになり、千枚田は昔の姿を取り戻しました。そして2011年に能登の里山里海が世界農業遺産に登録されたことをきっかけに、輪島市と安城東高校同窓生の双方によって「わじま・あんじょう友の会」が発足し、現在も同窓会に移管されて交流活動を続けています。 今回の能登半島地震によって、千枚田は激しいひび割れなどの損傷を受けており、関係者のみなさんはもとより、「わじま・あんじょう友の会」も非常に心を痛めております。輪島市を含む被災地全ての1人1人の生活において、1日も早く希望の光が充満し、千枚田が復興の象徴の一つとなることを願ってやみません。       「わじま・あんじょう友の会」については、下記同窓会HPをご覧ください。 わじま・あんじょう友の会トップページ…

後期生徒会より あいさつキャンペーン実施

  こんにちは!令和5年度後期生徒会執行部です! 10月1日より後期生徒会として活動し、2か月が経ちました。これからも生徒のみなさんがより良い学校生活が送れるように、また地域の方々に応援され、本校の魅力を少しでも広められるように尽力して参ります。 後期生徒会は2年生2名、1年生4名とフレッシュなメンバーです!   ・会 長 大倉 彩音(幸田 …

令和5年11月30日(木)人権セミナー

本年の人権セミナーは、生徒会役員の皆さん…

令和5年度修学旅行3日目

修学旅行の3日目(太宰府天満宮 博多) 太宰府天満宮 博多 …

令和5年度修学旅行2日目

修学旅行2日目(長崎市内研修 ハウステンボス) ハウステンボス …

令和5年度修学旅行1日目

修学旅行1日目(長崎平和公園 長崎原爆資料館 被爆体験講話) にっしょうかん着 夕食 …

避難訓練を行いました

10月30日午後、授業中における災害を想定して避難訓練を実施しました。 今回は安城東高校防災レンジャーの生徒による希望で、全校生徒に連絡をしない状態での実施となりました。 午後の休み時間に訓練放送が流れ、はじめは戸惑っていましたが、教室にいた生徒も、体育館にいた生徒もスムーズにグラウンドに避難をしていました。

クリーンフェスティバル

10月21日(土)にクリーンフェスティバルを開催しました。 当日は本校生徒・職員・保護者合わせて300人以上が参加し、校内の草取りやプランターへの花の苗の植え付け、学校周辺道路及び通学路のごみ拾いを行いました。 作業の後は、PTAの方が用意してくださったお汁粉をみんなで食べ、疲れを癒しました。 …

令和5年度防災講話

令和5年10月16日(月)7限の総合的な探究の時間に、防災講話が行われました。本年は講師として、自衛隊愛知地方協力本部 安城募集案内所長 3等陸佐 後藤謙治様に来ていただき、全校生徒に対して「災害時における認知バイアスと自衛隊の役割について」という題目で講話をしていただきました。 火災報知器の例など取りながら、「認知バイアス」についてわかりやすく解説していただいた後、熊本地震の災害関連死などから共助の大切さ、避難所運営などについて考えさせられる内容をお話しいただきました。また自衛隊の任務についてということで、災害にどのうように関わっているのかも話していただきました。生徒は講話の後の質問も活発にでき、多くの生徒職員にとって、災害について再度考える機会となりました。 …