【重要】「出席停止」の取り扱いについて

●国・県の通知内容に従い、これまで本校では、「発熱(37.5度以上が目安)や倦怠感などの風邪に似た症状など、日常とは異なる症状がありましたら、お子様の登校を見合わせてください」として、緩やかな基準を設けて、登校が可能になったその初日に出された「出席停止期間届」を「出席停止」処置の一つの判断基準としてきました。御協力いただきましてありがとうございました。(HP記載事項、クリック!

●本校としましては、「冬の第6波」の可能性を視野に入れ学校における感染症対策を引き続き行いつつ、レベル2に引き下げられ地域の感染状況も大きく変化してきたことを踏まえ、これまでの国や県の通知内容に従って、「出席停止」処置について、これまで以上に通学圏域の感染状況や家族内状況等を精査した上で判断をさせていただきます。

●これまでは「出席停止」との判断で処置されていたことも、通学圏域の感染状況や家族内感染状況等から、同様の判断ができないことも在り得ることを事前にお知らせし、このような対応をすることについての御理解と御協力をいただきますようよろしくお願いいたします。

*令和3年10月26日(火)より上記のような取り扱いといたします。急に寒くなりました。どうぞご自愛ください。

 学校長